進研ゼミ高校講座のセンター対策

進研ゼミ高校講座のセンター対策

進研ゼミ高校講座のセンター試験対策は、センター試験の傾向と形式を徹底的に分析した結果をもとにしてプロプラムされています。進研ゼミ高校講座のセンター試験対策では、センター試験の受験生が知っておくべき基礎知識として「国公立大の受験生には必須であり毎年50万人が受験すること」、「私立大学にもセンター試験を利用して受験できる大学が多いこと」、「センター試験の出題の8割が高1と高2の学習範囲であること」、この3つを押さえておくべきとしています。

 

国公立大学ではセンター試験の成績と二次試験の成績で合否が決まりますが、まずセンター試験で得点をとらなければなりません。各大学の合格者のセンター試験と二次試験の配点の比率と、センター試験の平均点を押さえることで合格に向けて戦略をたてていきます。

 

これらは大学によって大きく異なるので、進研ゼミ高校講座のセンター試験対策のテキストを学習することで、効率的に高得点を狙う力をつけることができます。進研ゼミ高校講座のセンター試験対策のメイン教材は「エンカレッジ」センター専用コースです。

 

センター試験に出題されやすい問題を中心に学習していき、8割以上の得点を目指します。実際に「エンカレッジ」で学習した問題と類似した問題がセンター試験で出題されています。

 

また直前対策として有料のオプション教材「センター試験演習PACK2010」では、本番と同じ問題量とレベルの予想問題で、時間配分なども含めたテクニックを身につけていくことができます。副教材として8月号とともに届けられる「センター試験対策読本」では、過去3年間の試験問題の分析から、合格に向けての効率的な対策法紹介しています。

 

進研ゼミ高校講座のセンター試験対策では、あらゆる方向からセンター試験を分析した結果をもとに合格への近道を教えてくれるので、毎年高得点を多くの受講生が高得点を獲得し、志望大学への合格者を多数輩出する実績を積んでいます。


進研ゼミ高校講座の公式サイトはこちら

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

スポンサードリンク